店舗検索

事業説明会

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  • 2021年11月26日

    弊社が今、力を入れている事

    弊社では、コインランドーのM&Aということで、いろんな方にお声をお掛けし、営業に力を入れております

    ①始めてコインランドリーを開業したが、そんなに旨味がないと感じている方
    ②長年コインランドリーを経営しているがそろそろ引き際を考えている方
    ③数件コインランドリーを経営しているが、赤字ではないが売上の伸びない店舗をお持ちの方
    ④コインランドリーを経営しているが、近くに新しい店舗が出来てやる気がなくなった方
    様々な理由の方がおられます。

    そこで、コインランドリーブームの今、店舗を手放し現金化しましょう。
    ①・④の方は損をしない程度の価格で手放し、現金に替えることで新たな投資にチャレンジできます。(ただ赤字店舗は売れないです)
    ②の方は未練はあるでしょうけど今まで頑張った分、これからはゆっくりとお暮らしください
    ③の方にはどんどんと手放し、現金化することによってもっと可能性のある店舗でコインランドリービジネスをチャレンジしていただきたいです。
    (数件経営すると、この店舗はこれ以上売上は伸びないな、この店舗はまだまだ伸びるなと気づくはずです)

    そして、コインランドリー経営を現在お考えの方は、他の商売とは違って、店舗譲渡が安易にできる利点がコインランドリービジネスにはあることをわかっていただきたいです。
    (ただ人気のない機器メーカーを使用するとただの鉄くずになってしまうのでご注意を)

    弊社では今まで数多くの既存コインランドリーの売買に携わってきていますのでノウハウはございます。何なりとご相談ください。

  • 2021年11月20日

    今後のコインランドリービジネス

    たくさんの方から、ブログサボってるね!
    というお声をいただくので、書きたいと思います

    私の考えるコインランドリービジネスとは、無人経営でどれだけ売上を伸ばすかと思っております。また、オーナーが手間なく収入を得ることが、本当とコインランドリービジネスかと思っております。その仕組みを構築させた販売店が価値があると考えます

    ここ最近有人店舗であったり、布団に特化したランドリーが出てきていますが、クリーニング師の免許を取ってオーナーが店に立ったり、社員、パートさんで運営したりとさまざまなスタイルでやられるのでしょうけど、そもそも人材不足の今そういったスタイルがいつまで続くでしょうか、よくあるパターンで飲食店オーナーが料理人と合わず料理人が辞めてしまいお店を閉めるといったこともよく耳にします。
    それと同じで、オーナーが病気や怪我でお店に立てなくなった場合や、店舗責任者が辞めてしまった時新たに人材探し教育とたいへんになるでしょう

    その点無人(地元清掃パートは雇う)で運営していると、機械だけ機嫌良く動いてくれるとなんとでもなります
    また、地元の清掃員の方の教育は簡単なので、辞められてもなんとでもなります

    ここ最近の布団洗いの需要を、伸ばしてくれている会社様にはありがたく思っております。この業界で色んなチャレンジをすることはかなり大変なことです。

    最終的な着地点は完全無人経営で、簡単に布団洗いができる需要をたくさん世の中の人にわかってもらえることかと思います
    簡単なことではないですが、、、