店舗検索

事業説明会

2019年07月31日

リピーターを生むコインランドリー経営の方法

ツイートする

コインランドリーは、毎回新規ユーザーが利用するというより、近隣住民がリピーターとなって利用することが多いものです。そのため、リピート率を上げることが売上アップにつながり、コインランドリー経営を安定させます。
そこで今回は、毎回利用したくなるお店づくりの秘訣を解説していきます。

コインランドリー経営でリピーターを増やす3つのポイント



コインランドリー経営でリピーターを増やすには、次の3つのポイントを押さえることが重要です。

1. 女性が快適に利用できるよう女性の視点でお店づくりを行う


コインランドリーの女性客のニーズは上昇しており、働く女性の増加で、洗濯・乾燥を短時間に済ませたいという需要は一定以上あります。そのため、店の中に女性が一人でいても快適かどうかといった「女性にとっての利用のしやすさ」を念頭に置いての店舗づくりは、リピート率上昇に重要な視点です。

たとえば、店内照明を明るくすると、安全な印象を与えます。反対に、全体に暗かったり物陰が多かったりすると、女性が1人で利用しづらい雰囲気になってしまいます。
店内は広く、中で待つユーザーのパーソナルスペースが保てる設計・配置になっていると、なお印象が良くなるでしょう。

操作方法が明示されているかどうかにも気を遣い、看板やポップで明るく案内や説明を行うことも有効です。大きなものが洗えること、仕上がりがふんわりしていることなど、アピールするポイントがあればそれを宣伝できます。
また、雰囲気を変えるために簡単にできることは、小物や植物を置くことです。大規模な差別化がはかれなくても工夫の余地はあります。

2. こまめに掃除して店内を清潔に保つ


お店の中がきれいに保たれていることは、すべてのユーザーにとって好印象となります。床はもちろん、椅子やテーブル、小物、機械類も清潔に維持しましょう。機械類の掃除はメンテナンスの意味でも重要です。必要があれば雑誌の整頓、駐車場の掃除も忘れないようにします。

店舗を清潔に保つことによって、しっかり管理されているコインランドリーであるという安心感・信頼感を与えます。行き届かない場合は、アルバイトやサポートを利用するのも一案です。

3. 機械・盗難防止・空調・携帯電話電波環境など設備による差別化をはかる


導入機械で差別化をはかり、「これを洗う時や乾かす時はコインランドリーに来よう」と思ってもらうことを目指しましょう。コインランドリーは便利なのだとユーザーに理解してもらうために必要な案内・説明を用意し、実際に体験してもらい、清潔で便利なものなのだと感じてもらうことが、確実なリピートにつながります。

また、盗難防止に取り組んでいることをアピールすると、ユーザーは安心しますし、犯罪予防効果もあります。反対に、コインランドリー内でよくない体験をしたとユーザーが思ってしまうと、リピートが見込めなくなってしまいます。
そのほか、空調も快適さを左右する要素です。設備投資を行うことで、より実際的な効果が生まれます。

快適さだけでなく、さらに先のユーザー満足を達成するためには、コインランドリー内にいる時間を有効活用できているかということまで考慮しましょう。雑誌・漫画・書籍、携帯電話電波環境・WiFi、自動販売機の用意等、差別化をはかるためにできることは多岐にわたります。ニーズを考慮し、ユーザーに「来てよかった」と思ってもらうことが、リピーターの獲得につながります。

ユーザー目線に立ってリピーターを増やすことが売上アップのカギ


リピーターを増やすには、なによりユーザー目線に立つことが大切です。店内を明るく清潔に保ち、ニーズにあった設備を導入するといった施策で、コインランドリー経営を安定させましょう。