店舗検索

事業説明会

2019年09月30日

コインランドリー経営でリピーター客を作る方法

ツイートする

コインランドリー経営を続けるうえで、リピーターを獲得することは非常に大切です。コインランドリーを利用するのはコインランドリーの近くの住民たちがほとんどです。その人たちに気に入ってもらい、また利用してもらうことでコインランドリーの収入はアップします。

コインランドリーのリピーターを獲得するポイント、またリピーターが増えないコインランドリーの特徴についてご紹介いたします。

コインランドリー経営でのリピーター作りのポイント3つ



コインランドリー経営でリピーターを作るポイントをご紹介します。毎日できる簡単なことから、内装までこだわった本格的な方法まで、どのような方法でリピーターを獲得できるのか見てみましょう。

1. こまめに掃除をするだけでも違う


コインランドリーのユーザーに信頼してもらうためには、清潔なイメージを持ってもらうことが大切です。そのためにまずできることは、店内の清掃です。
床、窓、椅子などのわかりやすい部分だけでなく、洗濯機のほこりやお店の外、灰皿の交換など、すみずみまで毎日綺麗にしましょう。
いつも綺麗で清潔な印象があると、洗濯をするのにふさわしい場所として認められ、また利用してもらえます。

2. おしゃれな内装で若者を取り込む


最近はシンプルで味気ないコインランドリーよりも、おしゃれなコインランドリーが話題を集めています。海外のカフェのようなインテリアにこだわったコインランドリーは、そこにいるだけでも気分があがり、楽しいひと時を過ごせます。
内装はコインランドリーを設計する時点で考えなければなりません。それが無理だった場合でも、インテリア、ウォールステッカー、観葉植物などで店内をデザインすることは可能です。

3. 女性がひとりでも利用しやすい空気


コインランドリーを利用するのは、家事などが忙しい主婦であるケースが多いです。そのため、店内を明るく開放的な雰囲気にする、ガラスで店内の様子がすべてわかるようにする、女性に嬉しい気配りがあるなど、女性がひとりでも入りやすい雰囲気を作ることが大切です。
防犯上、また女性が怖い思いをしないためにも、常駐スタッフを配置するというのもおすすめです。

リピート率の低いコインランドリー2つ共通点


コインランドリーのリピーターがなかなか増えないという場合、何か問題があるのかもしれません。
リピート率の低いコインランドリーの特徴をチェックしてみましょう。

1. 清掃が行き届いていない・不衛生


コインランドリーは洗濯をする場所です。衣類を綺麗にする場所が不衛生だったら、利用したくなくなりますよね。こまめな掃除が大切だということは上記でも紹介しましたが、リピーターが増えない場合は掃除が行き届いていない可能性もあります。

また、無人のコインランドリーはイタズラされることも多く、常にすみずみまで注意深くチェックする必要があります。
無人故に浮浪者のたまり場になってしまうこともありますので、監視カメラや常駐スタッフの配置なども検討しましょう。

2. 洗濯機などの設備が古い


洗濯機などの設備そのものが古いだけでも不衛生な印象を与えます。また、「あまりこのコインランドリーには手間をかけていないのでは」と思われてしまいます。
別のコインランドリーの洗濯機をチェックして、劣っていないかどうかを確認しましょう。
最新設備を投入したり、毛布などの大きなものが洗えたり除菌ができるなどのメリットがある洗濯機を取り入れることもおすすめします。

コインランドリー経営で成功するためにはリピーターの獲得が重要!


コインランドリー経営はリピーターの獲得が大切です。
最初はどのように経営していけばリピーターを獲得できるのかわからず、困ってしまうことも多いでしょう。
実際にその地域の利用者や立地によっても対処法は違います。より専門的なアドバイスがほしい場合は、専門家に相談することをおすすめします。
過去にコインランドリーの経営で成功した方、店舗の運営、土地の活用で成功している方から話を聞いて、コインランドリーのリピート率をアップさせましょう。

コインランドリーのリピート率を上げよう


コインランドリーは地域密着型のビジネスであるため、リピーター獲得は非常に重要です。
リピート率を上げる方法を取り入れていきましょう。また、リピート率の低いコインランドリーの特徴もチェックして、自分が経営するコインランドリーに当てはまらないか考えることも重要です。
より多くの人から愛されるコインランドリー作りを目指しましょう。