店舗検索

事業説明会

2019年10月25日

コインランドリー経営で収益アップに繋がる広告手法

ツイートする


コインランドリー経営は、初期投資が少なく飲食店のようなロスもないので、利益性が高いビジネスとして、シニア世代の定年後ビジネス、また副業ビジネスとして注目されています。しかし、利益性が高くても、機器の稼働率が悪ければ収益が上がりません。収益アップを狙うのであれば、なんといっても認知度を広めることが重要です。そこで今回は、コインランドリー経営の収益アップに繋がる広告手法をご紹介します。

チラシで近隣住民にコインランドリーの魅力をアピール



コインランドリーは、基本的に近隣の住民が顧客になるので、ターゲットを絞って宣伝できるチラシは一番の広告手法といえます。近くに住んでいる人なら、コインランドリーがあることくらい知っているだろうと思うかもしれません。しかし、コインランドリーは必要になったときに探すもので、普段は特に意識せずに通り過ぎてしまう人も多いものです。そのため、思っている以上に認知されていないと思ったほうがよいでしょう。

チラシを配ってお店の場所を認知してもらう、というのは近隣住民を顧客として囲い込むのにとても効果的な方法なので、店舗によっては1回のチラシ配布だけでも認知度がアップして収益アップに繋がる可能性もあります。

お店の特徴を盛り込みすぎずまとめられたチラシを作成する


チラシを見てもらうためには、たくさんの情報を盛り込みすぎないことが大切です。レイアウトがごちゃごちゃしていると、チラシを手に取った時点で見るのが面倒になり捨てられてしまうかもしれません。

最近人気となっているカフェを併設しているのであればそのことを大々的に記載する、広い駐車場があるなら何台駐車できるのかを記載するなど、特徴を絞ってアピールするようにしましょう。興味を引かれれば、必然的にお店の名前や場所もチェックしてもらえます。


リアルタイムの情報発信ができるSNSを活用する



大企業だけではなく、今は地元密着型の個人店でもSNSアカウントを持っているお店が増えています。SNSを使った宣伝方法の特徴は、ほかの媒体にはない拡散性と、情報をリアルタイムで発信できるという点です。

コインランドリーからの情報発信といってもピンと来ないかもしれませんが、ちょっとしたキャンペーンの告知を行うだけでも、タイミングによってはフォロワー以外にも情報を拡散することができます。

たとえば、あえて雨の日に割引キャンペーンを行うことで、ユーザーの友人・知人の間でその情報が拡散され、一気に認知度を高めることにつながるかもしれません。キャンペーンの告知でなくても、定期的に情報発信をしていけば、コインランドリーが必要になったときに思い出してもらいやすくなります。

リアルタイムな情報発信ができるのもSNSの魅力です。現在の混雑状況をアップすることもできますし、時間単位でキャンペーンを行うこともできるので、チェックしてもらえる回数を増やせます。地域限定の商売というところを活かして、お天気情報をアップするのもおすすめです。雨の予報が出たら、それをすぐにアップすれば来店率を上げられるかもしれません。


検索にヒットするWEB広告をアップ



最近では、コインランドリーを探すときにWEB検索を利用するユーザーは多いでしょう。ここに注目し、WEB検索でヒットするWEB広告を作っておくというのもおすすめの広告手法です。

WEB広告の場合、コインランドリーを探している人が見てくれるので、効率的な集客が見込めるというメリットがあります。また、一度アップすれば、掲載期間中はつねに宣伝をしてくれるというのも魅力です。

チラシは配ってから数日の宣伝効果しかありませんし、SNSは基本的にこちらから情報発信したときにしか広告になりませんが、WEB広告なら長期間の宣伝もできるので、優れた費用対効果が期待できます。

詳しい店舗情報が載せられる


ネットで情報検索をしている人は店舗の詳細を調べていることも少なくありません。コインランドリーであれば、乾燥機は何台あるのか、何時からオープンするのかなどの情報を調べるために検索する人も多いので、こういった点でも詳しい店舗情報を載せられるWEB広告を出すメリットがあります。

お店の情報がわからないと、そもそも足を運んでもらうこともできないので、WEB広告でしっかり情報を記載することは顧客の取りこぼしを防ぐことにも繋がります。

認知度を高める広告で収益をアップ



コインランドリー経営は天候に左右されやすいビジネスですから、梅雨の時期や洗濯物が乾きづらい冬などは安定した売上があるとしても、ほかの時期は収益が不安定というイメージがあるかもしれません。

しかし、季節の変わり目には布団を洗う人も増えますし、春は冬物衣料を大量に洗濯するなどニッチな需要は必ずあるので、そこを狙えば収益アップも不可能ではありません。そのためにはお店の存在を知ってもらうことが重要なので、広告を上手に使って新しいリピーターを獲得し、収益アップを目指しましょう。