店舗検索

事業説明会

2018年07月02日

【副業に持ってこい!】コインランドリー経営について

ツイートする

「雰囲気が暗い」「自宅で洗濯したほうが経済的」…。かつてコインランドリーには、このようなマイナスのイメージがありました。洗濯機が壊れたときや旅行先で使うものと考えている人も少なくありません。

ところが、家庭環境やライフスタイルの変化により、最近はコインランドリーを利用する人が急増。投資を本業とする投資家が、コインランドリーの運用を副業として始めるパターンも増加しているのです。なぜ、今コインランドリーを副業に選ぶ人が増えているのでしょうか。その秘密をくわしく解説していきます。




サラリーマンでも副業・投資は当たり前


働き方改革が叫ばれる昨今、サラリーマンでも副業や投資は当たり前になりつつあります。以前は、そもそも企業が副業を禁止している場合がほとんどで、収入が不安で副業をしたくてもできないサラリーマンも少なくありませんでした。

しかし、年功序列や終身雇用制も崩れてくる中、長引く不景気の影響もあり、社員の副業を認め始める企業が増加。日本政府の政策である「働き方革命」の後押しもあり、サラリーマンが副業をする環境は整ってきています。
ただ、本業の傍らで行う副業には限界があり、おのずと業種は絞られてしまいます。

また、コストや手間をかけた割に利益が出ず、かえって負担が大きくなってしまった……というケースも少なくありません。当たり前の話ですが、簡単に続けていけて低リスク・高利回りの副業をさがすことが、効率の良い投資をするポイントです。好条件の副業は少ないものですが、コインランドリーはこれらの条件を満たす可能性の高い貴重なビジネスとして注目を集めています。




コインランドリーの需要



コインランドリーサービスの需要が高まる理由

コインランドリーのサービス自体はかなり昔からありました。しかし、最近になって需要が高まってきた理由のひとつに、共働き世代や深夜営業店舗の増加があります。



共働き世帯の増加で洗濯も効率重視に


現代は女性の社会進出にともない、共働き世帯が急増。その結果、家事を専任する人がいなくなり、洗濯物がたまりがちになる家庭が増えてきました。

コインランドリーなら一度に大量の洗濯物を洗うことができますし、乾燥機も完備しているので短時間で洗濯が終わってしまいます。最近は終了したことをお知らせしてくれる機能も備わっているので、時間を有効活用したい共働き夫婦からの需要が高まっているようです。



深夜でも洗濯ができて多忙な社会人に重宝されるように


現代、女性の社会進出にともない、共働き世帯が急増しています。
その結果、専業で家事をする人がいなくなり、洗濯物がたまりがちになる家庭が増えてきました。コインランドリーなら「一度に大量の洗濯ができ、乾燥機も完備しているので洗濯物を干して乾かした後取り込む」という手間はかかりません。

最近では、洗濯と乾燥が終わったことを通知する機能が備わっているコインランドリーもあります。利便性が高まり、時間を有効活用したい共働き夫婦からの需要が高まっているのです。




多忙な社会人が深夜に洗濯


コインランドリーは深夜まで営業しているうえに、独立型の店舗が多く、騒音を気にする必要がありません。夜中でもたまった洗濯を片付けられるところがうれしいポイントです。

通常の勤務をこなしている社会人にとって、洗濯できる時間はかなり限定されます。朝に済ませてしまうのが理想ですが、出かける前に洗濯すると慌ただしくなるものです。

しかし、帰宅してからだと近所に迷惑がかかるもので、なかなか洗濯機は回せないものです。多忙な社会人にとって場所と時間を気にしないで選択ができるコインランドリーは大変ありがたい存在なのです。




コインランドリー副業の魅力


コインランドリーの経営が注目を集めているのは、単に需要が高いことだけが理由ではありません。人を雇う必要がないため、低コストでスタートできるというビジネス上でのメリットが多いことも要因です。




人件費不要!初期費用を低くスタートできる


店舗ビジネスにおいて、最も高くつくコストは人件費です。雇用にかかる資金はもちろん、指導料や福利厚生などさまざまな面でお金がかかってしまいます。

その点、コインランドリーは無人サービスなので人件費はかかりません。そのため、初期費用を大幅にコストダウンできるところが大きな魅力です。





コインランドリー経営を成功させるためのコツ


コインランドリー経営をするうえで最も重要なことは、好立地に出店できるかどうかです。
当然、「いつも衛生的で清潔感が保たれているか」「機器のメンテナンスが行き届いているか」「防犯対策はしっかりしているか」などのポイントもリピーターを生むためには重要なものです。

しかし、まずは一度でもコインランドリーを使ってもらわなければなりません。コインランドリー経営で良い立地とみなしてもらうためは、主に次の3つの条件が必要です。




目立つ場所・便利な立地にある


コインランドリーはあくまでも「受け身」のサービスです。こちらから積極的に宣伝をかけたからといって飛躍的に売り上げが伸びるというものではありません。

利用者がコインランドリーを必要としたときに、すぐに「近所にあるから利用しよう」「あの場所にあった」と思えることが重要です。目立つ場所であるかどうかは出店場所を選定するうえでの大きなポイントとなります。

そのため、戸建て住宅の多い住宅街の中などではなく、ショッピングモールや駅に向かう生活道路沿いや商店街の中など、人通りが多い場所や、見通しの良い場所が良いでしょう。
なかなかいい立地に恵まれない場合、経営サポート会社やフランチャイズ経営会社に相談してみましょう。土地の選定や資金計画など開業までサポートを受けられ、立地や物件の調査に悩まず開業できます。




5台以上の駐車が可能


コインランドリーを利用する人の多くは、家庭用の洗濯機だけでは処理しきれない量の洗濯を持ち込むことが多い傾向です。

また、最近では布団の丸洗いをするためにコインランドリーを利用する人も多いため、コインランドリーを出店する際は基本的に駐車スペースがあることも条件として考えなければなりません。
そのためには、最低でも自動車5台分以上の駐車スペースは確保したいところです。




待ち時間をつぶせる



しかし、洗濯物の量がある程度多いと、コインラインドリーの待ち時間が数時間かかることもあります。やはり近隣に暇つぶしができ、ちょっとした用事を済ますことができる商業施設があると有利でしょう。

ただし、そのような商業施設が近隣にないからといって一概に不利というわけではありません。数百戸といった戸数のある大型マンションなどが近くにであれば、待ち時間にいったん自宅に戻れるため重宝されるでしょう。
>




コインランドリーの副業をするなら今が狙い目!


女性の社会進出が進む中、今後ますます共働き世帯が増えることが予想されます。
「費用をかけたくない」「他人が家に入るのは気が引ける」という人にとっては、家事代行サービスより安価に利用できるコインランドリーはまさに救世主です。今後も需要は伸びるでしょう。

サラリーマンにとっても、比較的手軽に始められる利回りの良い副業ですので一考の価値があるでしょう。