店舗検索

事業説明会

2019年12月27日

こんなにすごい?最新のコインランドリー事情

ツイートする

ひと昔前までは学生や単身赴任の人がひっそりと洗濯しているようなイメージがあったコインランドリーですが、最新のコインランドリーはこれまでの薄暗いイメージはなくなりつつあります。
明るくイメージのおしゃれな場所も多く、今や店舗数は20年前と比較すると倍以上に増加しました。カフェを併設していたり、無料Wi-Fiが利用できたりと、洗濯以外の楽しみ方ができるスポットになっているコインランドリーも増えています。
今回は、そんな最新コインランドリー事情について解説していきます。

コインランドリーが急激に増加した理由


以前は家に洗濯機のない学生や単身赴任の男性がコインランドリーを利用していたイメージですが、最近では主婦の方や女性も多く利用しています。その理由として、夫婦で共働きの世帯の増加とともに、少しでも家事にかける時間を少なくするために週末にまとめてコインランドリーで洗濯するという人が増えたことが挙げられます。
また、家庭での洗濯が難しい布団や毛布といった大型の洗濯物も洗濯乾燥できるので、ダニやアレルギー対策として利用している人も多いようです。
消費者の動向をいち早く察知をした企業が、コインランドリーの運営にどんどん参入してきているという背景も、コインランドリーが増えてきた要因の1つといえるでしょう。

コインランドリーの楽しみ方


客層の広がりとともに、最近では洗濯以外の目的で利用できるようなコインランドリーが増えています。


1. 清潔感溢れるおしゃれな空間


以前のコインランドリーのイメージは薄暗いような雰囲気でしたが、最新の店舗は明るくカラフルでとても清潔感が溢れた場所ばかりです。女性でも入りやすいような雰囲気なので、一瞬コインランドリーとは思えないようなお洒落なつくりの店舗もあります。
明るい店内にすることは防犯対策にも一役買っているといえるでしょう。

2. カフェを楽しむ


最新のコインランドリーのなかには、カフェが併設されている店舗もあります。待ち時間の間に本を読みながらカフェで一息、といった光景も頻目にするようになりました。場所によっては、本格的なベーカリーなどを併設させた店舗があったり、アルコールが飲めるお店もあったりと、本来の洗濯目的以外の部分で充実している店舗が増えてきています。

3. ゲームや動画視聴も当たり前


コインランドリー内で無料のWi-Fiが利用できる場所もあり、待ち時間にスマートフォンで動画を観たり、ゲームをしたりすることもできますし、パソコンで仕事をすることも可能です。ちょっとした隙間時間を有意義に過ごすことができるような場所にもなりつつあるでしょう。

4. 荷物の受け取り場所としても最適


少し変わったサービスとして、コインランドリーに宅配ボックスを設置して宅配便を受け取れるサービスも提供されています。
このサービスを利用することで、再配達の依頼も可能ですし、荷物を受け取るまで家から動けないといった不自由さがなくなりますので、利便性に優れたサービスといえるでしょう。

新たな洗濯サービスが画期的


また、忙しい現代人には非常にありがたいサービスも開始されています。洗濯専用のランドリーバッグに洗濯物を詰めて宅配業者で送ったり、お店に持ち込んだりすると、数日後にはキレイに洗濯されて、しかも丁寧にたたまれた状態で返却されるサービスもあります。
そんな洗濯サービスの背景には、毎日帰宅が遅く洗濯ができない、部屋干しはニオイが気になる、たたむのが苦手など、さまざまなニーズに対応するべく、コインランドリーを中心に多角的なサービス展開がされています。
より日常生活を快適に過ごせるように、洗濯を外注できるようなサービスも今後増えてくるでしょう。

まだまだ伸びる?今後のコインランドリー事情を予想


今は勢いよく右肩上がりに増加中のコインランドリー事情ですが、まだ大型の布団や毛布を洗えるということを知らない方もたくさんいます。
現状では日本全国のコインランドリーの平均利用率は10%に満たない程度です。しかし、今後迎えるさらなる高齢化社会において、自宅で洗濯が難しいという高齢者も増えてくるでしょう。それにしたがい、洗濯物の回収・洗濯・自宅配送まで行ってくれるサービスが世間に浸透する日も遠くないでしょう。
家事のなかで日々欠かせないことの1つだった洗濯が、今後は週に数回外注に依頼するというようなスタイルに変化していくかもしれません。

コラボでもっと楽しく、快適なコインランドリー生活!


最新のコインランドリー事情をご紹介してきました。コインランドリーに洗濯をしにきたついでのサービスがかなり充実しており、今後もあらゆる企業とコラボしてさまざまなサービスを提供してくれる場所になる可能性はおおいにあるでしょう。
まだまだ拡大の余地のあるコインランドリー業界、今後も注目です。