店舗検索

事業説明会

2019年12月27日

コインランドリーの騒音トラブル。その対策方法は?

ツイートする


ひと昔前までは、コインランドリーを利用する人は洗濯機のない学生や単身赴任の方がほとんどでした。しかし最近では、女性を中心にコインランドリーを利用する光景も多く見られるようになりました。また最近ではコインランドリーにカフェが併設されたり、無料でWi-Fiが利用できたりと、洗濯以外で楽しみを満喫できる場所としても注目されています。

そんななか、コインランドリーでは騒音トラブルが生じることもあります。ここでは、その対策方法をご説明します。

コインランドリーはトラブルが多い


利用者からすると便利で快適なコインランドリーですが、周囲の住民からすると生活に支障が出ることもあります。

コインランドリーは24時間営業のところが多く、常に洗濯機や乾燥機が回っている状態です。そのため、柔軟剤の臭いや機械による振動・騒音のトラブルが後を絶ちません。

実際に周囲の住民はそれらのトラブルに立ち向かおうと市町村などに協力を要請していますが、特にそれらを禁止するようなルールもないため、現状は企業の善意に任せるほかないような状態になっています。

コインランドリー側でできる騒音対策


それでは、コインランドリーを経営する側としてはどのような騒音対策ができるのでしょうか。

コインランドリーでは、洗濯をするための業務用の洗濯機や乾燥機を数多く設置しており、その機械の振動や音が近隣の迷惑になっています。その振動や騒音を吸収するために遮音材や防音壁などで対策をしている店舗もあるようです。

しかし、コインランドリーは初期投資がかなり高額になるビジネスであるため、そこまでしっかりと対策をしている店舗は決して多くありません。多くの人が「静か」だと感じる45dB以下の騒音にするためには、防音素材でしっかりと覆うことが必要です。

多くのコインランドリーでは、機械の周辺に音を吸収する素材を置くだけできちんとした防音や遮音がなされていません。音は直線的に広がっていくのではなく、回り込むように広がっていくので、騒音対策をするにはそれらを意識した対策を行うことが重要になってくるでしょう。横方向だけでなく縦方向にも拡散してしまうので、その部分までしっかり対策する必要があります。

コインランドリー経営は難しい


コインランドリーは投資としては長期にわたり収入が見込めるビジネスであり、税制度の活用などで優位にビジネスを進めることも可能です。

しかしコインランドリーは集客が要であり、立地を見誤ると大きな失敗につながります。出店する場所次第では大きな赤字にもつながっていきます。

また、コインランドリーに設置する機械は決まったメーカーでしか製造されていないため、他店とのサービスの差別化を図るのも難しく、今後飽和状態になる業界で生き残るためには、さまざまな課題をクリアしていく必要があります。

具体的には、周辺環境の調査、近隣への配慮、待ち時間を飽きさせない工夫などを行う必要があるでしょう。

コインランドリーの騒音対策はまだまだ発展途上


コインランドリーは、利用者からするととても便利で、洗濯の待ち時間を楽しめる場所にもなりつつありますが、近隣の住民からすると日常生活において支障をきたすほどの騒音に悩まされることもあります。

ひどい騒音は睡眠妨害、聴力障害だけではなく心理的影響や活動妨害なども引き起こす可能性があるため、適切な対策を講じていないと住民から反対や苦情が来るかもしれません。

周辺の住民とうまく共存していくためには、これらのトラブルを最小限にしていく努力が必要になるでしょう。まだまだ騒音対策は改善の余地が残されている部分になり、今後のコインランドリーを運営してく場合は課題となるはずです。