店舗検索

事業説明会

2020年01月30日

最近の流行り?併設型コインランドリーの特徴

ツイートする


コインランドリー店といえば、これまではコインランドリー店が店舗として単独で存在しているというタイプのものがほとんどでした。しかし、近年では多様化するニーズに応えられるよう、ほかの店舗・施設とコインランドリー店が併設されている「併設型コインランドリー」が増えてきています。

併設型コインランドリーは従来の単独型コインランドリーとどのような違いがあるのか、その特徴などについてここでご説明します。

併設型コインランドリーなら洗濯中に併設店舗でほかのことができる



併設型コインランドリーの最大の特徴は、併設の店舗や施設があるため、そこで洗濯以外のことができる、という点です。たとえば、クリーニング店と併設しているコインランドリー店なら、洗濯をしている間にクリーニングの申込みやクリーニングに出していた衣類の引き取りなどがすぐにできます。

いうまでもないことですが、コインランドリー店が単独で存在している単独型の場合、洗濯機を回している間にほかの用事を済ませようとしたら、その用事を済ませられる別の店舗・施設まで行かなければいけません。

これに対して併設型コインランドリーは、別の用事を済ませられる店舗・施設が同じ敷地内にあるという利便性の高さが大きな魅力です。


併設店舗・施設はクリーニング店だけではない!併設型コインランドリーの最新事情



併設型コインランドリーといえば、かつてはその多くがクリーニング店との併設でしたが、今ではこの併設店舗・施設も非常に多様化してきています。

少し前から増えてきているのは、スーパーやコンビニなどとの併設型です。コインランドリーの待ち時間に買い物などを済ませられるという利便性が高い評価を得ています。

そして、ここ最近で特に増えてきているのが、カフェとの併設型です。コインランドリーの待ち時間にカフェでほっと一息つけるのが、人気の理由のひとつです。

そのほかにも、コインランドリーと併設されるケースが多い店舗・施設としては、

*スーパー銭湯
*ガソリンスタンド
*カー用品店
*フィットネススタジオ
*エステ
*レストラン

などが挙げられます。

こうした併設型の店舗が増えてきているのは、どうしても持て余しがちなコインランドリーの待ち時間が有効利用できるところが好まれているからです。同じ料金でコインランドリーを利用するなら、ついでに何かの用事を済ませやすい店のほうがいい、と考える人は少なくないのです。

利便性にすぐれた併設型コインランドリー



他業種の店舗や施設と併設されている併設型コインランドリーは、コインランドリーで洗濯などをしている間にほかの用事が併設店舗・施設で済ませられるという利便性の高さが大きな魅力。近年は併設する店舗や施設の業種も多様化しています。