店舗検索

事業説明会

2020年02月27日

コインランドリー経営の成長率と将来性

ツイートする

コインランドリーと聞いて真っ先にイメージするのは、一人暮らしの男性が利用している・不衛生・時間がかかるといったマイナスなものばかりでした。しかし近年のコインランドリーは、女性の利用者が増え、ひと昔前のイメージとは180度変わりつつあります。ここでは、コインランドリー経営にスポットライトを当て、成長率と将来性について紹介します。

コインランドリーの経営者が増えている?


コインランドリーのイメージが変わりつつある昨今、経営者にも光が差しています。それは、コインランドリーの経営者が増加傾向にあるということです。あれほどまでマイナスイメージのあったコインランドリーを、なぜ経営したいと思う者が増えているのでしょうか?その理由について考えてみました。

コインランドリーの利用率が関係していた



一番の理由は、コインランドリーの利用率がグンと上がっているからです。実際、コインランドリーの店舗数は年々増え続けています。厚生労働省によると、年間約5%も増えているといいますから、経営する価値のある職業というわけです。これまでコインランドリーというと非常に需要の低い場所でしたが、今では「あると便利な場所」として1年で300店舗から500店舗も増えています。この増え方はコンビニ以上ともいわれており、2015年には1万8,000店舗、2019年は2万店舗を超えています。

これだけ伸びしろのある場所ですから、投資商品として注目されるのも納得です。また、コインランドリーは経営するうえで「リスクがないビジネス」でもあるため、売上を前倒しで回収できるというメリットもあります。今後もますますコインランドリーの利用者が増える可能性は十分考えられますから、経営を考えている方には非常にオススメのビジネスでしょう。

主婦層が多く利用している


現在のコインランドリーの利用者の大半は、実は主婦層です。これは、ひと昔前までは考えられないイメージでした。近年は男性よりも女性の利用者のほうが圧倒的に多いため、コインランドリーのイメージが激変、店舗数が拡大、結果投資商品として注目されるようになったのでしょう。

もちろん、それだけではありません。マンション世帯が増えたこともコインランドリーの利用者が増えている原因のひとつになっています。マンション世帯の悩みで多いのが、洗濯物を干すスペースが限られているということです。なかにはベランダがないマンションもあります。その半面、部屋干しや浴室乾燥ができるマンションも増えていますが、布団や毛布などの大きなものは干せません。しかしコインランドリーなら、大型の洗濯物もしっかり洗えますし、同時に乾燥もできます。最近は駐車場が完備されているところやマンションの1階に設置されているところなど利用しやすい環境が整えられていますから、以前よりもコインランドリーの需要が高まり、経営者も増えているのでしょう。

現在のコインランドリーは発展途上


コインランドリーが急激に増えている昨今、現在は成長期といってもよいでしょう。年間約200店舗も増えていることを考えると、今後も拡大する可能性は十分あります。今はまだ利用率5%に留まっていますが、6万店舗まで増えるという意見もありますから、非常に将来性が期待できるビジネスでしょう。

また、コインランドリーの経営は高齢者でも可能です。要するに、定年後の収入で悩んでいる方でもコインランドリーの経営者になれば所得が得られます。作業をアルバイトに委託すれば売上管理だけで済みますから、手間や時間もかかりません。立地や集客などによりますが、元が取れるのも数年ほどですので、手堅いビジネスといっても過言ではないでしょう。

今コインランドリーに求められることは何か


今後、コインランドリーはさらに増える可能性があります。非常に将来性のあるビジネスですが、一方で今求められるのは「経営を成り立たせる」ことです。店舗ばかり増えても、利用率が上がらなければ破綻してしまいます。ここでは、コインランドリーを経営するうえで今、求められることについて紹介します。

コインランドリーを利用していない層にもアプローチ


経営を成り立たせるために必要なことは、利用者を増やすことです。利用している人が一定の数しかいなければ、どんなにコインランドリーが増えても経営は成り立ちません。今大切なことは、少しでも多くの人にコインランドリーを利用してもらうことです。そのためには、コインランドリーを利用していない層にもアプローチする必要があるでしょう。

都市部にコインランドリーを増やす


コインランドリーが増えているにもかかわらず、なぜか都市部にはあまり設置されていません。人口が多い都市部にコインランドリーを増やすことで、より利用者が増え経営にも役立つようになります。九州では「布団はコインランドリーで洗う」という文化が浸透しつつありますから、都市部でもコインランドリーを使うのが当たり前になると、供給も増えるでしょう。

コインランドリーは今後も成長する!非常に将来性の高いビジネス


人口が減っても、コインランドリーが増え続ける可能性は十分あります。非常に伸びしろのあるビジネスですから、投資商品として現在注目されています。また高齢者でも経営できることから、定年後の収入にも役立てることもできます。
このように、コインランドリーの経営はひと昔前とは違い、日々成長しています。九州では布団はコインランドリーで洗う文化も浸透しつつありますから、将来性の高いビジネスといっても過言ではないでしょう。