店舗検索

事業説明会

2020年02月27日

保険を賢く利用してコインランドリー経営のリスクを抑えよう

ツイートする

長期的な収入ができる投資としてコインランドリー経営に注目が集まっています。コインランドリーは多くの人の生活に欠かせないものであるため、これからも収益が見込める投資です。ただ、コインランドリーを経営するうえでも、さまざまなリスクが考えられます。そこで今回は、コインランドリー経営のリスクを抑えられる保険についてご紹介します。

コインランドリー経営をするうえで心配なリスクとは?



コインランドリーは基本的に常に無人の場所です。また不特定多数の人が利用するため、さまざまなリスクをはらんでいます。コインランドリー経営をするうえで考えられるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

火災・爆発・落雷による損害


コインランドリーは無人であることから、いったん火災が起きてしまうと全焼してしまうことも少なくありません。そうなると店舗はもちろん、設備や機械などにも損害が出ます。長期間使用することで機械が爆発したというケースも過去にはあります。また、落雷などにより機械の設備の基盤がショートしてしまい、コインランドリーを稼働できなくなるというリスクもあります。

人的な洗濯機・乾燥機などの破損


多くの人が利用するコインランドリーでは、故意的ではなくても洗濯機や乾燥機、またほかの設備が破損してしまうことがあります。洗濯物の中にクギなどの金属が入っていて洗濯機が破損してしまったり、事故的に機械にぶつかって破損してしまったりということもあるでしょう。

また残念なことに、いたずらで機械や設備を破損してしまう人がいるのも現実です。都会や一人暮らし世帯が多いエリアのコインランドリーは深夜も開けておくケースが多く、監視カメラを設置したとしても愉快犯的ないたずらをゼロにすることはなかなか難しいところがあります。

両替機の窃盗・破損


コインランドリーを経営する際には、両替機を設置することになります。この両替機は利用客にとっては必要不可欠なものですが、なかにはこの両替機からお金を盗もうとする人もいます。

両替機の売上金を盗まれること自体も大きな被害ですが、両替機を壊されてしまうのも困りものです。プロの手による窃盗であれば、両替機の破損は最小限のことが多いようですが、素人による破損の場合、修理不可能なくらいに壊されてしまうこともあります。

洗濯機や乾燥機の故障による洗濯物の破損


洗濯機や乾燥機が故障していることにより、利用客の衣類が破れてしまったり、傷んでしまったりするケースもあります。過失が店舗側にある場合は、お店側が補償しなければいけません。

その他店舗や看板の破損


店舗の敷地内では、さまざまな破損が起きる可能性があります。たとえば自然災害が原因で、看板や店舗の屋根が飛んでしまう可能性もそのひとつです。またコインランドリーの店舗は、利用客の安全性を考慮して壁をガラスにすることも多いです。この場合も自然災害でガラスが破損することがありますし、利用客の自転車が転倒して割れてしまうということもあります。

コインランドリー保険に加入すれば補償を受けられる


以上のように、コインランドリー経営にはさまざまなリスクがありますが、コインランドリー保険に加入しておけば、「店舗側の過失により発生したトラブルに対する利用客への補償」や「店舗設備の補償」を受けることができます。日々さまざまな利用客があり、コインランドリー経営にはどんなトラブルが発生するか予測できないところがありますが、保険に入っておくことで大きな損害を出さずに済むのです。

保険でカバーされないトラブルもある


さまざまなトラブルで発生してしまう損害を保険でカバーすることができますが、対象外のトラブルもあります。コインランドリー保険でカバーされるのは、保険の種類にもよりますが、一般的に「店舗側の過失により発生したトラブルに対する利用客への補償」や「店舗設備の補償」のみとなっています。

たとえば利用客が衣類の注意事項をよく確認せず長時間乾燥機をかけてしまい、衣類が傷んだ場合は補償の対象外になることがほとんどです。また利用客同士のトラブルも補償の対象外になってしまうことが多いでしょう。

こういった店舗側に過失がないトラブルは防ぐのが難しい点もあります。しかし、注意書きをしっかりしておき、監視カメラを設置するなど、大きなトラブルにならないように対策をしておくこともコインランドリー経営をするうえでは欠かせません。

コインランドリー保険を利用して損失を防ぎましょう


人件費がかからず収益が見込め、今後も衰退することがないと考えられているコインランドリー経営は、投資や副業にぴったりです。ただ、自然災害はいつ起きるかわかりませんし、無人であるにも関わらず多くの人が自由に出入りできるコインランドリー経営にはさまざまなリスクがあります。そのリスクを最小限に抑え、大きな損失を出さないためにも、これからコインランドリー経営を考えている方はコインランドリー保険を検討することをおすすめします。