店舗検索

事業説明会

2018年10月12日

【コインランドリー経営】個人経営とフランチャイズどっちが良い?

ツイートする

効果的な資産運用方法として話題のコインランドリー経営。その経営パターンは、個人経営とチェーンのフランチャイズと2つ挙げられます。
この2つの経営方法に関する違いを解説します。

コインランドリー経営のメリット




コインランドリーは無人営業となるため、日常的に従業員を必要としません。
そのため他のサービス業とは異なり、人件費が発生することなく必要経費や運営費で業務を行えるというメリットがあります。

電話対応やメンテナンス作業を代行委託すれば、副業としても充分に営業可能で、なおかつ利益を上げることができるでしょう。
毛布やこたつ布団の洗濯が難しいときや、雨の日で洗濯物に困る人もいるため、出店している地域の需要によって収益を増やせます。


成功すれば利益が大きい個人経営のコインランドリー




成功すれば還元される利益も大きいため、ビジネスとしての手腕が問われるところです。

個人でもフランチャイズでもテナント探しから自分ではじめる必要があります。

そのため、立地なども自分で調べなければなりません。不動産業者にお願いする方法もありますが、コインランドリー経営を専門にしているわけではないので、物件に対する市場見込みの判断が難しくなります。


個人経営のメリットは自由な経営



個人経営のメリットは、すべてを自分で動かせる点でしょう。
誰かの指示を待つ必要もないため、スピーディーな対応を望めます。

例えば複合的な店舗にすることも可能で、他のサービスを兼ねたりもできます。

*自由に経営できる
*オリジナリティのある店舗を作れる(レイアウトやデザインなど)
*事業計画や運営方法を自分で決められる
*いろいろなサービスを追加できる
*軌道に乗れば利益を追求できる


デメリットは設備維持や書類手続きなど煩雑な業務


個人で進めなければならないので、工事業者との交渉から書類手続きなどの細かい部分も目を配る必要があります。

収支のバランスや今後の展開など、専門的な知識と情報を学ばなければならないことも多く、やるべき業務の範囲が広いです。

*開業までの準備負担が大きい(市場調査や資金計画など)
*機器の取り扱いを熟知しなければならない
*掃除やクレーム対応をする必要がある
*経営状況を相談しにくい
*経験を積まなければ気づけないことも多い

当社にご依頼いただいた場合は、工事業者とのやり取りや、各種手続きに関してもサポートしております。

個人経営の自由度を保ちつつ、開業時の手続きに不安があるという方は、ぜひお気軽にご相談ください。


問い合わせバナー


未経験でも簡単に始められるフランチャイズのコインランドリー




フランチャイズの場合は、ある程度のサポート体制が整えられています。

ただ、すべて自分の思いどおりに進めることはできないので、個人の判断ではなくマニュアルに沿った対応も求められます。どうするべきか次の行動がはっきりしているので、未経験からでも始められるでしょう。

メリットは充実したサポート体制



個人経営とフランチャイズどっちが良い?

業者によって違いますが、ビジネスのノウハウから機器の操作方法まで、さまざまなレクチャーを受けることができます。

既に出店している店舗を見ることができるため、フランチャイズ経営のイメージも明らかになるでしょう。わからない部分はすぐに聞けるので、自分だけで抱え込むこともありません。

*開業への相談ができる
*開業までのサポートを受けられる(市場調査や事業計画 工事手続きや販促活動など)
*チェーン店の見学ができる
*アフターフォローが受けられる(掃除やメンテナンス 運営状況の分析など)
*情報交換ができる


デメリットは運営業者に縛られた経営を強いられること


決められた手順や順番を守らなければならないため、自分の判断で行動することが難しいかもしれません。

販促ツールや運営方法にルールが存在している業者もあり、独自で考えた活動は採用してもらえない可能性があります。運営の代行業務を委託する場合、それも支出へ含まれます。

*契約内容によってロイヤリティーが発生する
*加盟料を支払わなければならない可能性もある
*屋号が決まっているケースも多い
*条件や制限の範囲もある
*収支の報告をする必要性あり

ただ、フランチャイズであっても、ロイヤリティー契約のないチェーンで開業することも可能で、その場合は加盟料など余分な費用を払う必要がありません。

店舗デザインや内装を自分で決められるところもあるので、個人経営に近いチェーンもあります。


個人経営とフランチャイズを選択する基準


コインランドリーの個人経営とフランチャイズ経営では、ともにメリット、デメリットがあります。それぞれを理解し、自分の経営スタイルにあった方を選ぶようにしましょう。


当社はフランチャイズでなく、フランチャイズと個人経営のいいところを取った

加盟金・ロイヤリティを必要としない、フランチャイズの本部のような位置づけとご判断ください。