店舗検索

事業説明会

2018年11月12日

コインランドリーを開業にする際に必要な準備とは?

ツイートする

先行投資、人件費が抑えられるとして、副業あるいは退職後の安定した収入確保を目的とした、コインランドリー開業が注目を集めています。
ここでポイントとなるのが、開店に必要な準備の把握と、どのように準備を整えていくかということです。



コインランドリー開業するには2つの道がある


コインランドリーの開業に際しては、独自にゼロからスタートする完全独立店舗を構える、もしくはチェーン展開する店舗のフランチャイズ経営者となる、いずれかの選択が必要です。はじめてコインランドリーを開業するという人は、専門家によるフォロー体制が確立されているフランチャイズがおすすめです。



収入が見込めるか駐車場をはじめとした立地・市場を調査


フランチャイズであれば、遊休地の有効活用や賃貸アパートの空室対策としてのコインランドリー開業、といった希望に応えて、無料で立地調査や市場調査を行えます。

調査は交通量、競合店の有無などを基に行なわれます。依頼する前に、事前に吟味しておくとスムーズに調査が進んでいきます。
なお立地条件として好ましいのは、郊外の場合であれば

*間口が広い
*駐車場が広い
*ガラス張り
などが挙げられます。

都市部だと
*角地
*停車スペースが2~3台
*間口が3600mm以上
といった条件が望ましいです。

もし自分でテナントが見つけられない場合、フランチャイズ先が、収入の見込めそうなテナントを紹介してくれることもあります。テナント選びで不安を感じたら相談してみましょう。




モデルとなる店舗を確認して収支予測シュミレーションなど出店計画を練る


フランチャイズであれば、出店予定地と似た立地の店舗を事前にチェックできます。モデル店舗と市場調査を基に、収支予測シュミレーション、店舗レイアウト、事業計画書を作成していきます。
この一連の作業は、一般人にとって難しく感じますが、専門業者の力を借りることで簡単にすみます。




店舗工事、設備導入をする


望みのテナントが見つかり、事業計画書が完成したら、いよいよ店舗の工事にはいります。フランチャイズであれば、店舗工事もオーナーが率先して業者を探す必要ありません。
導入する設備も、フランチャイズ元が指定する機材を導入することで完了します。




集客に繋がる宣伝PRやマニュアルも準備してくれる


開店を控えることには、フランチャイズ元が、集客に繋がる告知チラシや、オーナー向けのマニュアルを用意します。そのため、個人で大掛かりなPOP作成などは不要。
マニュアルには機器の取扱方法などが載っているため、しっかり熟読して、開店に備えましょう。




フランチャイズであれば開店後のメンテナンスも充実している


フランチャイズであれば出店計画〜開店だけでなく、開店後までをしっかりとフォローをしてくれます。

たとえば、別に仕事をもっているオーナー向けに、店舗の開閉店作業、掃除、クレームなどに対応。このサポートによって、オーナーの主な業務は、売上金の集金だけですみます。

また、コールセンター代行契約を結べば、オーナーは、問い合わせ業務から解放されます。




コインランドリーを開業にする際に必要な準備とは?

信頼できる専門業者への早い段階での相談が成功のポイント



コインランドリー開業に際しては、関連する正しい基礎知識を確かめ、早い段階で信頼できる専門業者とパートナーシップを結び、自身のリスクと負担を最小限に抑える準備が大切です。

幅広い重要なポイントに対する確実なバックアップが、同業種への新規参入を、より確実に成功へと導いてくれることでしょう。




良いとこどりのコインランドリー経営ができる『せんたくウサギチェーン』



当社は加盟金・ロイヤリティを要しない
フランチャイズではない、フランチャイズの本部の位置づけです。

ぜひ、一度ご検討ください。